top of page

​大会長 横井 賀津志

​(大阪公立大学)

IMG_0722 2_edited_edited.jpg

今大会のテーマについて,決定した経緯と大会長の想いをお聞かせください

 作業は生きるために不可欠であり,人間の基本的ニーズです.生産的で意味のある作業を育むことは,人や社会への所属にもつながります.作業療法の実践は,意味ある作業に参加することで,作業遂行と健康を改善できるという前提に基づいています.すなわち作業は,健康の決定要因であり,個人のみならず社会問題にも働きかけることが出来ます.1998年にBaumとLawは,「作業療法の専門性は,暴力や虐待,ホームレス,貧困,不慮の事故,失業,社会的差別など,健康や作業参加に影響を与える様々な社会問題に対応し,解決を支援する前例のない機会を持っている」と提言していました.25年余りが経った今,その機会を十分に活かすことが出来ているだろうか.今回,個とコミュニティの作業を今一度振り返り,作業の健康への貢献,そして社会的問題に対して作業を基盤とした共生をキーワードとして展開していきたいと思います.

今大会は久々の現地開催を予定しています.大阪の魅力を教えてください

 

 阪は,「商人のまち」として栄え,建前や権威に縛られない大阪商人の気質が町の文化を生み出し,自由闊達な大阪の雰囲気をもたらしました.人と物流に不可欠な運河や川,橋も豊富で「水の都」としても有名です.また,「お笑いの芸能文化のまち」としても名を知られています.芸能文化のみならず,大阪人の生活の中に,暮らしのぶりの中に「笑い」が織りこまれています.そして,日本を代表する「モノづくりのまち」でもあります.日常の暮らしに欠かせない技術から世界的な最先端技術まで,幅広い技術がこの大阪の地には存在します.この地で,前例にとらわれない自由でユニークなディスカッションを織り込み,新しい作業の架け橋をかけ,作業づくり(作業の知識と技術)に結び付けたいと思います.

 

大会長にとって,"共生"とはー

 作業の種々の特性(形態,意味,機能,基質)や作業に伴う役割などが,人と人をつなぎ合わせ,つなぎあった人がさらにつながり,居場所やコミュニティを形成する.一方で,コミュニティが行う作業の特性を知ることで,人を織り込むことも実現できます.個とコミュニティのニーズを特定し,ニーズを解決するために個の作業,コミュニティの作業を用いる.個の作業からコミュニティへ,コミュニティの作業から個への循環が作業を基盤とした共生につながる.共生は、作業を基盤に,多様な主体が参画し,人と人,人とコミュニティ、人と資源がつながることで,一人ひとりの暮らしと生きがい,コミュニティをともに創っていくプロセスだと感じています.

参加者へのメッセージをお願いします

 大阪の地で,6年ぶりの開催になります.皆さまと協働して作業を基盤とした共生を考える大会にしたいと思います.参加をお待ちしております.

received_621539841361057_edited.jpg

​副大会長 中野 里佳

​(阪奈中央リハビリテーション専門学校)

副大会長にとって,"共生"とはー

 国籍,民族,障害,性別,年齢等による偏見,差別,隔離をなくし,個々の違いを尊重し合い,すべての人の幸福に生きる権利が守られる,誰一人取り残されない社会を共につくることと考えます.作業的視点で鑑みると,自分らしい作業をする権利(作業権)がすべての人に保障された作業的に公正な社会をつくることで,その実現の過程においては作業によって人と人が繋がることが重要だと考えます.

参加者へのメッセージをお願いします

 お笑いで有名な大阪は,商人の都市としてコミュニケーション技術が発達したそうです.流行語にもなった「知らんけど」は気軽に情報のやり取りを楽しむためのサービス精神にも感じます.大阪は昔から多様な背景のある人々が共に暮らしている地域であり,共生のための様々な運動や取り組みが先駆的に行われてきた街でもあります.大阪のおばちゃんの鞄にはいつも飴が入っているという都市伝説がありますが,「どないしたん?」「きたらええやん!」「自分(相手)おもろいなあ!」・・・お節介,で面白いが最上.そんな大阪をぜひ体感してください!

IMG_2165_edited.jpg

​実行委員長 大谷 将之

​(障がい者支援センター「てらだ」)

AE7C248D-7D41-4149-9FA0-DEFE08D440FA 2_e

実行委員長にとって,"共生"とはー

 自分なりの「共生」のイメージとしては,多様な背景を持つ人々が,暮らしたいところ(コミュニティ)で,したい,する必要がある,することを期待される作業が可能となるプロセスや状態のことをいうのではないかと考えています.子供からお年寄りまで,障害の有無にかかわらず混ぜこぜの人たちが「こんなことしたい」「こんなことあったらええな」等の具体的な作業を通してつながり,互いが暮らしやすい文化や社会を育むことが大事なのではないかと思っています. 

参加者へのメッセージをお願いします

 6年ぶりの大阪での開催となり,また,久しぶりの対面開催を予定しておりますので,より一層パワーアップした形で学会をできたらと思います.今回は「共生」をテーマに,皆様と一緒に学びが深められるように企画・準備をしておりますので,たくさんの方にご参加いただければと思います!みんなで大阪に集まりましょう~!

IMG_1748_edited_edited_edited.jpg
bottom of page